代表挨拶


アイデアと論理的分析から始まる、食品の未来。

 
 
私たちは、食というものを全視野でとらえ将来の有り方と生産・加工・流通 の方法において既成概念にとらわれず、独自の理念に基づくシステムを作り上げる有機的企業を目指すものです。

 昭和59年に先祖代々の日本酒酒造に関する発酵技術や抽出技術および分析技法などの基礎蓄積データを研究応用し、社会に貢献する目的として設立いたしました。

 以来、酵素・各種抽出エキス・香料・ゲル化剤などの機能性原料の物性研究 および食品への応用開発を社員の約半数が研究職という探求心環境で進めて参りました。

 その培った知識と技術を応用し、将来の食品・食糧の安定供給の一端を担う ことを目標に、快適な暮らしの創造に役立て、確固たる礎のある安心できる食品の研究開発を続けていく所存でございます。



代表取締役 齋藤 賢治