FGAとは純粋な好奇心を持った人達が集まった
    研究開発型企業です

   FGAの食品研究開発とは! 


1.情報のスピード化・食の多極面化する中、私たちは食品会社様のバックヤード
  として、業界をリードする技術開発をサポートできる能力と経験および人材を
  有する研究組織です。


2.主開発業務は、食品業界・関連分野を調査分析し、要求される食品原料の物性
  の解析および開発を、我々の得意とする物理学を駆使し理論的に行うことです。
  また、若いスタッフの情熱と感性および好奇心をもって研究を楽しみながら、
  風味・色彩・食感等のソフト面も含めて開発しています。

3.顧客様よりのご依頼を含め、業界の動向を先取りしたテーマを模索展開し、必要
  な新技術・新商品を開発し、提案することで顧客様の業界アドバンテージを
  バックアップいたします。


   FGAの研究開発者は


1.一番必要なのは、自発的な意味での研究意識の自覚です。 

2.それぞれが自分でないとできない仕事を持っています。

3.研究開発するという自己表現を選んだ事に対し仕事を楽しむ努力をしている、
  食べることがとても好きな人たちの集まりです。



   FGAが研究開発するという事は


1.アイデア・閃きが重要であり、集中力が実を結びます。 常に問題意識を
  持つ好奇心維持と楽しむ努力、それと自信を持った研究をしています。

2.初め(入口)に、開発テーマに対する独創性の軸芽が論理的に考察でき、
  研究経路を想定する事で、完成商品(出口)が明瞭に見えて、初めて
  使える研究が進められます。
  また、すべての開発作業は全体像を明快にイメージ図化して行います。

3.開発の中核理論の組み立ては、適切なパラメーターを設定して実験し、
  繰り返しの試験途中結果に対して毎回、論理考察を行い、曖昧さを残さ
  ないように心がけています。

4.単元毎の試験開発データ収集で、結果の傾向解析を行い、最終的に
  データベース化する事でセクション間で共有活用し精度を上げています。

5.顧客様よりのご依頼の商品開発の場合は、まず、時間・効率を優先しています。


    FGAの研究は、なぜ、食品開発に力学なの?


1.すべての現象(化学・物理等)は力学が基本で起こると考えます。
2.食品加工等においても、熱反応・結晶化・崩壊・溶解・遷移・転移・放出・吸収・
  圧力・運動等は力学を使うと傾向が分りやすく、的確に早く研究できます。


    FGAの保有蓄積する研究実験データ


  弊社では、これまでに基礎的研究で集積した膨大なデータを、市場で有効に
  活用して頂くことができるかを考えています。
  
  個々の食品製造メーカー様が抱えている種々の問題点をより詳細に分析し、
  該当する弊社保有データを活用することで新商品の開発期間を大幅に圧縮
  することが可能となりました。

  また、弊社の保有集積するデータより、顧客さまの製造環境および原料環境
  を含む最終製品の組み上げ完成までのフォローを弊社の研究チームが個別に
  専属対応することで、一歩先のより高度でトータルな新商品開発を御社との
  コラボレーション作業で実現させるご提案を行い、多くの実績を頂いています。

 
F.G.A.Laboratories
株式会社
コラボレーション事業部

論理開発の得意な私たちと ご一緒にコラボしませんか!